Scandit 6.8リリース情報 – ユーザビリティ、ID Scanning、ほか

| 製品リリース

Scandit 6.8リリース情報 - ユーザビリティ、ID Scanning、ほか

ユーザエクスペリエンスの向上に重きを置いたVersion 6.8では、新しいビューファインダ(Viewfinder)スタイルを提供し、ダッシュボードのデザイン変更を行いました。加えてクロスプラットフォームのフレームワークのサポートとID Scanning機能も強化しています。

Scandit usability improvements

ビューファインダ(Viewfinder)のデザイン

本リリースに盛り込まれた新しいビューファインダスタイルと、キャプチャフィードバックの強化により、シングルスキャンのユーザビリティが向上します。

アニメーションの使用やサイズ変更が可能なビューファインダは、個々のユースケースや企業ブランディングに合わせて、さまざまなスタイルに設定できます。

Scandit dashboard and analytics

新しいダッシュボードレイアウト

ネイティブおよびWeb SDKの両方で新しいダッシュボードを展開します。ライセンスキーのステータスなどの表示レイアウトが改良され、見やすくなっています。また、アナリティクスのデータ可視化機能も向上しました。

ダッシュボードにログインする

Capacitorのサポート

6.8には、Capacitor用Scandit Barcode ScannerおよびScandit MatrixScanが盛り込まれています。これにより、Scanditは主要なクロスプラットフォームのフレームワークのすべてに対応しました。

詳細を見る

Xamarin.FormsおよびTitanium

Version 6.xでXamarin.FormsおよびTitanium SDK 9+を利用できるようになりました。よりモジュール化されたAPIを使用してバーコードスキャンの性能向上とサポート機能をすべて享受できます。

Xamarin.Formsプラグインを使用して、より柔軟にXamarin.Formsアプリに統合できるようになりました。

詳しくは移行ガイド(英語)をご覧ください。

Titanium, Xamarin.Forms

Scandit ID scanning

ID Scanning – 身分証明書の対象範囲を拡大

ご要望にお応えして、欧米のみ対応していた身分証明書(ID)の対象範囲を拡大し、中南米のIDカード、運転免許証、パスポートを追加しました。該当するものは次のとおりです。

次の国のIDカードおよび運転免許証

  • コロンビア
  • アルゼンチン
  • 南アフリカ

ID Scanningの詳細を見る

React Nativeへの統合

ID ScanningがReact Native用プラグインに追加されました。これによりスキャンディットのID Scanningを使用して、身分証明書を迅速かつ安全に読み取り、解析できるようになりました

ドキュメントを見る