運輸・配送業務向けスキャンソリューション

スキャンディットの技術は、配送ドライバーにSuperpower(超越した力)をもたらします。抜群のスキャン性能と拡張現実(AR)を組み込んだスマートデバイスを使用すれば、あらゆる配送業務を難なく遂行でき、物流センターから玄関先までのラストワンマイルの作業時間とコストを削減し、拡張性も確保できます。

driver operations

ドライバー業務を高速化

Smart Data Captureを搭載したデバイスひとつで、いつでも予定どおりに配送できる

スキャンディットの技術を搭載したデバイスを使用すれば、配送ワークフローのスピード、柔軟性、インテリジェンスが向上し、将来を見据えたスケーラブルなドライバー業務を確立できます。

  • BYOD(私有端末の業務利用)で配送作業を実施
  • 拡張現実(AR)を使用して仕分けや荷積みを最適化
  • 配達証明や年齢確認でコンプライアンスを遵守

詳細を見る

pudo operations

効率的で持続可能なPUDOオペレーション

PUDO(プドー)ステーションに高速で費用対効果が高く、柔軟なスマートデバイスを導入

ラストワンマイルを省略。スキャン機能とARを搭載した、柔軟性の高いスマートデバイスを使用して、スタッフがどこでも迅速に荷物の受け取り、発送、引き渡しを行えます。

  • 高性能なスキャン機能であらゆる受け取りや返品に対応
  • ARによる指示で超高速の荷物検索を実現
  • 身分証明書をスキャンして誤配を防ぐ

詳細を見る

ラストワンマイルの進化

配送業界は押し寄せる課題や変化に対処するため、変革を求めています。スキャンディットの技術は抜群のスピード、精度、インテリジェンスで配送ビジネスをサポートします。

Loading Van Gig Economy

ラストワンマイルのモバイル化: BYODかCOPEか?

運輸・配送業務向けスキャンソリューションでスマートフォンを最大限に活用するには、業務に適したデバイス戦略を検討する必要があります。

  • BYOD(私有端末の業務利用):ドライバーは使い慣れた端末を使用でき、ハードウェアコストも抑えられる
  • COPE(会社支給端末):一貫性のあるユーザーエクスペリエンスを確保し、業務の最適化を実現

詳細を見る

hardware software scanning

移行するなら今:ハードウェアからソフトウェアへ

物流センターから玄関先までのラストワンマイル業務で使用されていたハンディターミナルから、スキャン機能を搭載したスマートデバイスへの移行が進んでいます。

  • 最適なテクノロジーでDX実現
  • 柔軟性が高く、低コスト
  • イノベーションにより従業員の満足度が向上

詳細を見る

post parcel delivery

ピーク時に対応できるスケーラビリティ

運輸・配送業務向けスキャンソリューションを導入すれば、需要の変動に合わせたシームレスな拡張が可能になり、今後のピークにも対応できます。

  • 季節的なピークや予期せぬピークにも難なく対応
  • 柔軟性が低い、高価なハードウェアの予備に投資する必要がない
  • ギグワーカーを活用して最大限の柔軟性を確保

詳細を見る

ラストワンマイルに関するインサイト&リソース

ラストワンマイル配送のイノベーション

ECがライフスタイルのトレンドになり、競争が激化し、顧客の要求が増えるなか、ラストワンマイルの分野は急ピッチで進化しています。この経営層向けのガイドでは、物流業界を方向づける4つのメガトレンドを中心にインサイトと業界統計データを紹介します。

詳細を見る

お客様事例:
ヤマト運輸様

スキャンディットの高精度バーコードスキャン技術とARを統合し、配送における積み込み業務のDXを実現

詳細を見る