モバイルスキャンを通じた小売店舗の再定義

ショップフロアからバックヤードまで、従業員の業務効率化と顧客満足度の向上の実現

低コストイノベーションによるインパクト創出

Scanditは、高性能なバーコードソフトウェアを搭載したモバイルデバイスを通じて、小売業における日々のルーティン業務の自動化を支援します。また、セルフチェックアウトやスキャン&ゴー用の消費者向けアプリ開発の支援も行います。さらに拡張現実(AR)技術による利用者へのリアルタイム情報を提供を通じて、実店舗におけるデジタル店舗体験創出を支援します。

店舗従業員の省力化

Scanditのモバイルスキャンテクノロジーを利用することで、従業員が今まで費やしていた棚割管理や在庫管理への時間を劇的に短縮することが可能です。これにより大幅な業務効率化、人件費等のコスト削減を実現することができます。

顧客目線での利便性追求

Scanditの技術を通じて消費者にスキャン&ゴーによる新たな買い物体験、商品情報への瞬時アクセス、パーソナライズ化された情報を提供します。これによって企業は新たな消費者エンゲージメントを獲得すると同時に、顧客の満足度向上、更には収益の向上を実現できます。

将来を見据えたソフトウェアソリューションによるコスト削減

従来のインフラ設備から、モバイルソフトウェアソリューションへ切り替えることで、大幅なコスト削減を実現できます。 そして収益に直結する、一段階上の効率性、生産性向上を達成できます。

モバイルスキャンを通じた小売業での業務・購買体験変革

Scanditのモバイルコンピュータビジョンと拡張現実(AR)ソフトウェアを通じた顧客向け、従業員向け導入例

Customer
Employee
Mobile Shoppingopen location

Augmented
Product Informationopen location

Self-checkoutopen location

Rewards & Couponsopen location

Augmented
Product Informationopen location

Self-scanningopen location

ID Verificationopen location

Click & Collectopen location

Order Pickingopen location

Price Verificationopen

mPOSopen

Clientelingopen

Shelf Managementopen

Stock Taking &
Inventory Managementopen location

Search & Findopen

Shipping & Receivingopen

店舗での導入例

モバイルスキャン、拡張現実(AR)を通じて、消費者および従業員今までにない体験を提供します。消費者に対しては、セルフスキャン、パーソナライズ化された情報を提供し、従業員には業務効率をサポートするソリューションを提供します。

In-Store use cases for Scandit

モバイルPOS(mPOS)

Scanditの技術によって、より早くてシンプルなモバイル決済を実現します。 バーコードスキャンが可能なmPOSソリューションを導入することで、消費者のレジ待ち時間を短縮し、またインフラ整備に掛かる費用や人件費等のコスト削減を実現します。

詳しく見る(英語サイト)

クライエンテリング

Scanditを搭載したモバイルアプリを使えば、従業員はより充実した接客を行うことができます。従業員は商品のバーコードをスキャンすることで、リアルタイムな情報に瞬時にアクセスし、顧客に必要な情報を素早く提供することができます。 これにより、 店舗での顧客の待ち時間を短縮するただけでなく、販売機会損失の軽減、顧客満足度の向上に繋がります。

詳しく見る(英語サイト)

クリック&コレクト

これまでのように、倉庫での商品検索に時間をかける必要はありません。従業員は注文票にあるバーコードをスキャンした後、Scanditを搭載したデバイスを棚にかざすだけで、正しい商品を画面上で確認することができます。これを可能にしているのが、当社が特許を取得しているMatrixScan AR技術で、今までかかっていた注文受取に関わる時間を削減することができます。

店頭受取

オンラインショッピングには迅速な対応が必要とされています。この迅速な対応を実現するための要素には、店頭受取や倉庫での注文商品のピッキング作業が含まれます。従業員はScanditのMatrixScan AR機能が搭載されたスマートデバイスを使うことで、一度に多数の商品をスキャンして棚の中から正しい商品を瞬時に探すことが可能になり、結果として作業時間の大幅な短縮、生産性の向上に繋がります。

価格照合

商品棚の価格誤表記は、収益減や訴訟等のトラブルに繋がりかねません。瞬時にバーコードをスキャンして価格を確認することで、人為的なミスを未然に防ぎます。従業員がScandit搭載のスマートデバイスを棚にかざすと、価格の整合性を拡張現実(AR)によるオーバレイ表示によって確認することができます。

身分照合

注文を受け取る際など、身分証明書提示を求められることがあります。Scanditのバーコード読取機能と文字認識機能を備えたモバイルアプリなら運転免許証やパスポート、身分証明書を瞬時にスキャンし、手続きを完了することができます。

棚管理

従業員は通路マップの作成や値下げ商品の有無、在庫確認、価格照合、プラノグラム・コンプライアンスの確認に必要な情報を、商品棚にあるバーコードをスキャンして拡張現実(AR)によるオーバレイで表示することができます。

セルフスキャン&セルフチェックアウト

現代の消費者の中にはレジ待ちに不満を持つ人もいます。Scanditを搭載したセルフスキャンアプリを使用すれば、消費者は商品をスキャンして、空いた時間に個人のスマートデバイスから、あるいは店舗にあるセルフチェックアウトターミナルから会計を済ませることができます。こうした実店舗へのeコマース型体験の導入により、小売業者もフロアスペースや従業員の生産性を最大限に活用することができます。

詳しく見る(英語サイト)

リワード&クーポン

多くの小売企業は消費者ごとにパーソナライズ化された特典やクーポンを使い、更なる販売機会を創出し、ブランドロイヤリティを構築しています。Scanditの拡張現実(AR)技術を搭載したアプリを用い、消費者のデバイス上でこれらの情報を表示することで、カスタマーエンゲージメントを高めることができます。

商品情報のAR表示

オンラインの消費者は、製品レビュー、原材料、アレルギーや成分情報、在庫情報など、知りたい情報をすぐに手に入れることができます。小売企業は、バーコード読取機能、拡張現実(AR)機能備えたモバイルショッピングアプリを提供することで、消費者にオンラインと同様の利便性を実店舗内で提供することができます。

バックヤードでの導入例

売り場を支えるバックヤードをデジタル化することは、業務効率を向上する上で不可欠です。Scanditのバーコード読取機能、拡張現実(AR)機能は非常に使いやすく、従業員が行う在庫管理、荷受、仕分け、商品検索といった作業時間削減に貢献します。また従来の読取専用スキャナをソフトウェアソリューションに置き換えることにより、維持、管理にかかる経費を最大で3分の2削減することが可能です。

Back of House

商品検索

倉庫内の棚や、山積みになった荷物から特定の商品を探し出すことは従業員にとって、とても骨が折れる作業です。ScanditのMatrixScan AR機能を搭載したスマートデバイスを在庫商品にかざすと、拡張現実(AR)によるオーバーレイ表示によって、デバイス上に正しい商品情報を表示します。これによって従業員が今までこれらに費やしていた時間を大幅に削減することができます。

出荷と荷受

出荷や荷受といった日常業務の時間を削減することで、オペレーションの効率化を実現することができます。倉庫の従業員は、スマートデバイスにダウンロードしたMatrixScan搭載のアプリを通じ、注文の瞬時識別、仕分けを短時間で済ますことができます。

詳しく見る(英語サイト)

棚卸&在庫管理

小売サプライチェーンにおける在庫管理は、小売業における効率性を考える上での基本です。一般的なスマートフォンを利用することで、従業員は一度のスキャンで複数商品のバーコードを確実な精度で読み取り、在庫等のリアルタイムな情報をデバイス上で確認することができます。デバイス上でのリアルタイム情報の確認は、ScanditのMatrixScan AR技術を企業のバックエンドプラットフォームと繋げることで実現できます。

詳しく見る(英語サイト)

自宅での導入例

企業はアプリ等を通じて消費者と24時間繋がることができます。消費者はバーコードスキャン機能を搭載したアプリ等で、商品のバーコードを読み取ることで、商品レビューを確認したり、読み込んだ製品をその場で購入し、店舗受取や自宅配送を手配することが可能です。

At Home

モバイルショッピング

Scanditのテクノロジーによって、消費者は自宅からでも、外出先からでもバーコードを読み取ることで、製品情報を確認、購入、配送手配を行うことができます。強固なデジタルエンゲージメントを確率することで、一段上の顧客エンゲージメント、消費者体験を実現することができます。

詳しく見る(英語サイト)

拡張現実(AR)による製品情報表示

拡張現実(AR)機能を搭載したアプリを通じて、顧客は手持ちのスマートデバイス上で製品の在庫
状況、レビュー等リアルタイムな情報を確認することができます。

phone screens

Scanditの導入によって、Coopは、消費者にパーソナルな買い物体験を提供するだけでなく、会社により収益をもたらす堅牢かつ高性能なモバイルアプリを提供できるようになりました。

オーガスト・ハーダー(August Harder)

CIO, Coop Group Cooperative

事例をもっと見る(英語サイト)

もっと見る

2020年小売業界におけるコンピュータビジョン-Webinar

Kate Ancketill氏と弊社CTOによる対談: スマートフォンを取り巻く小売業界の転換、コンピュータビジョンを通じた業務効率化、収益向上の重要性(英語サイト)

セルフスキャンによる新たな顧客購買体験の創出

Scanditがクライアント企業に提供しているスキャン&ゴー、セルフチェックを通じた新たな顧客購買体験創出事例を紹介します。(英語サイト)

利用者のニーズに合わせたデジタル化

消費者、従業員と一口に言ってもその利用用途は様々です。想定される7つのパターンを紹介します。(英語サイト)

お問い合わせ