ShelfView 商品棚の陳列状況をリアルタイムで把握

Smart Data Captureとアナリティクス技術を組み込んだ商品棚管理ソリューション

店舗内のインテリジェンス化でリテール業務を改善

ShelfView(シェルフビュー)は小売店とそのスタッフにSuperpower(超越した力)をもたらすSmart Data Capture技術によるアナリティクスプラットフォームです。商品棚の状況が常に可視化され、よりインテリジェントに効率よく店舗業務を行えます。このソリューションでは、モバイルデバイスや自律走行式スクラバー(床洗浄機)を使用して商品棚をモニタリングできます。ShelfViewは新たなインフラを追加せずに拡張できる、コスト効率の高い、高精度な棚管理ソリューションです。

automation icon
手間をかけずに自動化

ShelfViewなら、既存のインフラを活用して実用的なインサイトを得られます。

scale
スケーラブル

ShelfViewは、系列店全体に簡単かつ迅速に導入できます。

performance
最高水準のパフォーマンス

ShelfViewの基盤となっているのが、Scandit Smart Data Captureと物体認識技術です。

ShelfViewによる棚管理の変革

scanning shelf products AR

正確な価格や販促情報

店舗で取り扱う商品(SKU)は数千点にのぼり、店員は価格や販促情報を常に最新の状態に保たなければなりません。ShelfViewはモバイルデバイスや自律走行式スクラバーを使用して値札や販促ディスプレイを分析し、修正が必要なものをリアルタイムに通知できるため、作業時間の短縮と売り上げの向上につながります。

shelf view warehouse picking

在庫精度が最大限に向上

自律走行式スクラバーで商品棚をスキャンすることにより常に、正確な在庫の可視化を実現します。補充作業は迅速化され、店員は誤って配置された商品を探す必要がなくなり、大幅なコスト削減と生産性の向上につながります。

product scanning localization

ストレスのないインストア・オーダーピッキング

ShelfViewを導入すれば、正確な商品の位置や在庫状況を特定して、インストア・オーダーフルフィルメント(店舗でのネット注文処理)作業を高速化できます。目的の商品の位置が表示されるため、オーダーピッキングの効率が上がります。商品間違いによる交換や返品が減り、顧客満足度の向上につながります。

ShelfViewが小売業者にもたらすメリット

業務効率を高めてコストを削減

常に正確な価格や販促情報を表示し、在庫の変動を迅速に把握して、インストア・オーダーフルフィルメント作業を効率化できます。ShelfViewを導入すれば、店員が素早く商品の位置を特定したり、価格や販促情報を確認できるようになり、生産性が向上します。

次の作業を促すインサイトを取得してミスを削減

ShelfViewは、店舗在庫に関するほぼリアルタイムの正確なデータを提供して、棚管理やインストア・オーダーフルフィルメント作業を効率化します。このため、店舗で何か問題が起こったとしても、売り上げに影響を及ぼす前に店員自らが解決できます。

スタッフが重要な業務に専念

スマートデバイスと自律走行式スクラバーに対応したハイブリッド型のSmart Data Captureは、スタッフを手間のかかる反復的な作業から解放します。空いた時間で従業員は、カスタマーサポートなど、付加価値の高い業務に専念できます。

カスタマーエクスペリエンスの向上

在庫の配置や価格、販促情報が正確でなければ、実店舗でもオンラインでも快適なカスタマーエクスペリエンスを提供できません。特に現在のオムニチャネル環境でシームレスなカスタマージャーニーを実現するには、継続的かつ高精度の商品棚スキャンが不可欠です。

インフラを追加せずに商品棚を追跡

Autonomous scanning

自律走行式スクラバー(床洗浄機)

Brain CorporationのBrainOS® AIプラットフォームとShelfViewを組み合わせれば、低コストでデータ収集を自動化し、簡単に拡張できます。新しいアクセサリーとして汎用性の高いInventory Scanを自律走行式スクラバーに装着すると、店舗在庫に関する重要な詳細情報を自動的にスキャンします。

shelf scanning mobile device

スマートデバイス

既存のスマートデバイスを活用して、店員が価格や販促情報の誤りに対処する時間を削減できます。ShelfViewのAR(拡張現実)機能を利用して、値札や販促ラベルの最適化などの管理業務をより迅速かつ正確に行えます。

ShelfViewで在庫の全容を把握

  • ShelfViewはクラウドベースのテクノロジーであり、拡張現実(AR)、物体認識、および文字認識(OCR)の技術を駆使して大量のデータを処理・分析できます。
  • 棚ごとに次の作業を促すデータ(インサイト)を取得できるため、店員が値札を適時調整したり、位置が変わっている商品をすぐに特定して商品棚の施策を最適化できるようになり、インストア・オーダーフルフィルメントや商品補充の迅速化につながります。
  • ShelfViewのインテリジェンスデータはAPIからアクセス可能であり、バックエンド業務システムにシームレスに統合できます。
shelfview integration

お気軽にご相談ください

貴社のリテールDX実現に向けて、ご提案します。

スキャンディットを採用している業界大手企業:

7 Eleven logo
Carrefour logo
coop logo
ok logo
bjs logo
metro logo

おすすめコンテンツ

スマートリテールを実現するソリューション

スキャンディットのバーコード読み取り技術と拡張現実(AR)を取り入れたスマートリテールの世界観をご覧ください。

ホワイトペーパー「店舗業務のDX -スマートフォンのスキャンアプリ活用による最新動向-」

小売業者がCOPE(会社支給端末)戦略またはBYOD(私有端末の業務利用)戦略を実現するために、スタッフが日頃から使い慣れているスマートフォンを最大限に活用する方法を紹介します。

専用スキャナからモバイルデバイスへのリプレースを検討されていますか?

コスト削減と柔軟性、そしてイノベーションの面から従来の専用スキャナからモバイルデバイスへのリプレースを検討している企業が増えています。本ブログでは、その理由を解説します。