ラストワンマイルを制する次世代スキャン

〜新しいエクスペリエンスをもたらすScanditのコンピュータビジョンと拡張現実(AR)テクノロジー〜

ラストワンマイルを制するものが物流を制する

荷物が消費者の手に届くまでの最後の1マイル(約1.6km)、すなわち「ラストワンマイル」の物流最後の区間を最適化し、スピーディーかつ正確に配送を行うことへの注目が高まっています。

昨今、配送業においては、EC市場の拡大、深刻化する人手不足に重ねてCOVID-19による自粛要請をきっかけに増加した宅配荷物数の対応に追われている中で、物流サービスの向上が業界の課題となっています。配達員の疲弊を軽減させるためのプロセス改善と同時に、消費者の満足度を高めるラストワンマイルの最適化をどのように実現すればよいでしょうか。

まずはじめに、Scanditが考えるラストワンマイルの最適化のイメージビデオ(約2分)をご覧ください。

ラストワンマイルでは、商品のデータを読み取る作業が、配達員と消費者(受取人)側で頻繁に行われています。この読み取り作業をいかに効率よく行うかが、ラストワンマイルの最適化実現の一つの鍵となります。

Scanditはコンピュータビジョンと拡張現実(AR)の技術を用いた、バーコード読み取りソリューションを運輸・物流業界のリーディングカンパニーに提供しています。

使い慣れたスマートフォンを用いてデータキャプチャ業務が行えることで、利用者は抵抗なく受け入れることでしょう。また、バーコードの高度で高速なスキャン(読み取り)は当然のことながら、拡張現実(AR)を活用して関連情報をリアルタイムに可視化することで作業の簡素化、人的ミスの削減、そして時間短縮やコスト削減にもつながります。

さらに、スマートフォンであれば、配送ルートの最適化、置き配、消費者への配達状況の通知が可能であり、深刻化する再配達問題(不在や配置ミス)の解消も期待できます。

実践のヒント:モバイルを活用したデータキャプチャのベストプラクティスとは?

Scanditは、いままで導入支援させていただいたお客様のユースケースに基づき、物流企業がモバイルからデータをキャプチャする際に「検討すべき5つの重要なポイント」をホワイトペーパーにまとめました。

データキャプチャで考慮すべき5つのポイント:

  1. データ読み取りの正確性とパフォーマンス
  2. 追加機能の計画
  3. セキュリティの確保
  4. 既存システムとの連携
  5. 総保有コスト(TCO)

実践ノウハウが詰まった資料をダウンロードいただき、理解を深めてください。さらに、海外の先進企業によるデジタルトラスフォメーションの事例も下記からご覧ください。

ホワイトペーパー

輸送・ロジスティクス企業がモバイル
データキャプチャのソリューションに
ついて考慮すべき5つの要素

無料ダウンロード

運輸・物流業のお客様事例 先進企業から学ぶデジタルトランスフォメーションの実践

La Poste

La Poste、Scanditのスキャン技術によってオープンソースソフトウェアと比べて55%の配達迅速化と誤配削減を実現

Hermes UK

Hermes UK社、Scanditのソフトウェアソリューションによってラストワンマイルの配送コストを削減

NACEX

スペインの配送業者はラストワンマイルの最適化に向けてモバイルコンピュータビジョンを活用

お気軽にご相談ください