Code 11

1D Symbologies

Symbology Code 11

特徴:

  • インターメック社が、1977年に開発した高密度の分離型シンボルで主に通信機器のラベルに使用されています。USD-8ともいいます。
  • バーコードデータは数値データ、ダッシュ、ドットをエンコードできます。
  • 可変長データに対応します。
  • 最大10桁のデータに対して1つのチェックデジットを使用します。それ以外は2つのチェックデジットを使用します。