セルフスキャンの買い物体験を再定義する拡張現実(AR)

セルフスキャンは、短時間でより柔軟な買い物体験を期待する消費者にとって不可欠な技術です。小売業向けのセルフスキャンアプリを使えば、買い物客は自分のスマートフォンで店舗に並ぶ商品のバーコードをスキャンし、その後はセルフサービス式のチェックアウト端末や「スキャン&ゴー」機能によってアプリ内で商品の支払いまで完了できます。また、拡張現実(AR)のテクノロジーを活用することで、さらに楽しく便利なセルフスキャンサービスを提供し、買い物客の選択の幅を広げることもできます。

Scanditは、世界中の小売業が画期的なモバイル・セルフスキャン機能を開発・実装できるようお手伝いします。弊社は、モバイルアプリ向けの高性能読み取りソフトウェアに加え、技術サポートと業界の専門知識を提供することにより、お客様企業のビジネスにおける競争優位性を高めることに貢献します。ここでは、AR技術を利用してセルフスキャン用のモバイルアプリを進化させるることで得られるメリットについてご説明します。

AR機能がセルフスキャンにもたらすインパクト

まず、AR技術を利用したショッピングに関するデータを見てみましょう。ThinkMobiles社の調査によると、消費者の71%が「ARを利用できるようになれば、買い物をする頻度は高くなるだろう」と回答しています。同じ調査から、消費者の61%が、「ARに対応していない店舗より対応している店舗を選択する」こともわかっています。

大手小売企業の多くが、モバイルショッピングアプリのスキャン機能にARを統合させ、競合他社と異なるショッピング体験を提供し差別化を図ろうとしているのも当然のことです。ARが消費者にとって魅力的な理由は、物理的な世界では簡単にはアクセスできないあらゆる商品情報を、スマートフォン片手に簡単に入手できるからです。

ARを搭載したモバイルアプリがあれば、購入者のレビューから成分や仕様の詳細まで、商品の関連情報がデバイスの画面にオーバーレイで表示され、その場で把握できます。このように、ひと目でわかるインサイトによって、買い物客は自分のニーズに最適な商品を素早く調べて選択し、アプリを離れることなく購入手続きを完了できます。購買におけるチェックアウト時の売上が2%~3%アップする可能性を考えても、AR技術が販促と収益にもたえらす影響がいかに大きいかがわかります。

企業の最終損益を支える拡張現実

AR技術のポテンシャルは、ユーザへの情報提供にとどまりません。この技術を活用することで、商品限定の割引を表示して1回あたりの購入量を増加させるなど、売上拡大を図ることができます。ARは、セルフスキャンアプリに大きな付加価値を生み出し、ユーザ体験を向上させる、驚くほどコストを抑えた手段です。

セルフスキャンアプリにARを搭載することで、小売企業は顧客の利用定着率、維持率、満足度の向上を図ることができます。Scanditのソリューションは、AR技術をエンタープライズ要件を満たすバーコード読み取り機能と組み合わせることで、オンラインショッピングの利点の多くを小売の実店舗でも実現します。同時に、より高速で、より直感的なセルフチェックアウトサービスと「スキャン&ゴー」機能を組み合わせれば、小売ビジネスで多くのお客様を惹き付け、維持することができるはずです。

セルフスキャンでのAR活用例

ここまで小売企業のビジネスにARがもたらす可能性について見てきましたが、次は具体的なユースケースを、お客様のショッピング体験を差別化する方法と合わせてご紹介します。

Augmented Retail Product Information
ARによる商品レビューの表示

セルフスキャンアプリにARを搭載することで、お客様は気になる商品に寄せられた詳しいレビューを簡単に確認できるようになります。スマホのスクリーンをタップして商品を読み取るだけで、商品に関する動画や投稿レビューなどをARオーバーレイで一目瞭然に表示させます。商品の品質の判断にも役立ちます。この機能によって、買い物客は店内にいながら既存のオンラインレビューを参考にし、購買の意思決定に影響させることができます。

Augmented Product Information Retail
ARによる食品成分の表示

消費者の多くが、食料品の原料や成分、特色、量、サイズといった詳しい情報を素早く簡単に把握したいと考えているようです。これは特に、アレルギーなどの食事制限や、商品の選択肢が限られている買い物客に多く見られるニーズです。ARのオーバーレイ機能があれば、棚に並んだ商品をスキャンした瞬間に、このような重要な情報が手元に表示されるので、購入の判断を間違うこともなく、調べる煩わしさから開放され、時間を無駄にすることもありません。

product offers on smarphone screen
ARによるクーポン表示や特典サービスの案内

アプリ内のARオーバーレイを使用して、特定のお客様に限定の特典、クーポン、特価品などを伝えることができます。この機能は、売上拡大のチャンスを最大限に高めるとともに、ブランドロイヤルティを構築する最適な方法です。AR機能でパーソナライズされた割引や特典情報を提供することで、お客様がセルフスキャンアプリを使用するたびに、満足度の高い独自のショッピング体験を生み出すことも可能です。

Scanditの小売業向けソリューション:セルフスキャン x 拡張現実(AR)

Scanditは、フィジカルとデジタルの世界を融合する魅力的な拡張現実(AR)ソリューションを提供しています。Scanditの技術により、ほぼ全てのスマートデバイスが強力なAR対応スキャナーへと進化します。高性能なバーコード読み取り機能と、ARオーバーレイによるリアルタイムのインサイトを組み合わせるScanditの読み取り技術は、モバイル用のセルフスキャンアプリに最適なソリューションです。

Scanditは、2万機種を超えるデバイスで検証しているので、あらゆるユーザに向けて、高性能で便利なセルフスキャンソリューションを構築できます。Scanditならば、買い物中に気に入った商品をモバイルアプリでスキャンするだけで、比類のない読み取り速度と信頼性の高いショッピングを体験できます。

Scanditは、この強力なセルフスキャンソリューションに対し、設計からサービス導入後に至るまで、エンタープライズ要件を満たすレベルのサポートも提供しています。アプリの稼動後は、インストール状況の監視、追跡可能なKPIの設定など、アプリを最適化できるようご支援します。

Scanditを活用した小売業向けセルフスキャンのご提案

ここまで、従来のセルフスキャンや「スキャン&ゴー」の概念をAR対応のスキャナーを採用することで再定義することができるとご紹介しました。実装の第一歩として、Scanditのベストプラクティスガイド「小売業におけるセルフスキャン: セルフスキャンショッピングを求める消費者の需要に応える」をご参照ください。本ホワイトペーパーでは、ARををセルフスキャンのモバイルアプリに採用することで、企業の競争優位性を獲得し、収益拡大を図る具体的な方法についてご説明します。