LINE、Scandit Barcode Scanner SDKをLINE API Use Caseで新たに提供するスマホレジ機能に採用

ハイスピード、高精度のバーコード読み取り機能で小売り事業者のDXを推進

モバイル・コンピュータビジョンおよびAR(拡張現実)のリーディングプラットフォームを企業向けに提供するスキャンディット合同会社(所在地:東京都渋谷区、代表:Samuel Mueller、以下:スキャンディット)は、LINE株式会社(以下:LINE)が提供するLINE API Use Caseの新たなラインアップとして追加された「スマートリテールデモアプリ」のバーコード読み取り機能に、スキャンディットが提供する独自のコンピュータビジョン*技術と機械学習(ML)を駆使したプラットフォーム「Scandit Barcode Scanner SDK」が採用されたことを発表しました。

LINE API Use Caseは、LINEが提供するAPIに関して、技術情報やユースケース、クライアント事例などの情報を提供する専用サイトとして昨年12月公開されました。「予約」「テーブルオーダー」「会員証」「自治体向け情報配信」「予約電話」といったユースケース別のデモアプリを紹介しており、この度、スマートリテールデモアプリが追加されました。このスマートリテールデモアプリは、小売事業者のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し、特にオンラインとオフラインを融合(OMO:Online Merges with Offline)させた顧客体験を提供するためのもので、今回スマートリテールデモアプリの機能の一つである「スマホレジ」のバーコード読み取り機能に、「Scandit Barcode Scanner SDK」が採用されました。

LINEでは小売業者のDXを推進する上でアプリのクオリティが最も重要な要素であると考えていました。様々な方法を検証した結果、「Scandit Barcode Scanner SDK」の読み取りスピードと高精度な機能を活用すれば期待するパフォーマンスを担保できることが確認でき、「Scandit Barcode Scanner SDK」の採用に至りました。Scanditのコンピュータビジョンは、破れたバーコード、あらゆる角度、暗い場所など、様々な状況で高速に正確なデータキャプチャを実行します。

消費者に最も身近なモバイル端末を効果的に活用することは小売り事業者のDXにおいて重要な要素です。今後LINE API Use Case サイトでは、「Scandit Barcode Scanner SDK」を活用したバーコード読み取り機能をさらに発展させ、小売業界におけるレジや接客時の非接触環境への対応や人手不足といった課題の解決に加え、来店中のみならず来店前後を含めたシームレスかつ今までにない全く新しい顧客体験の創造への展開も進めていく予定です。

*コンピュータビジョン:「画像認識システム」と言われ、コンピュータが人の目に代わりデジタルな画像、または動画を識別する研究分野である。Scanditはモバイルに特化した独自のコンピュータビジョンの開発販売を展開。

スキャンディットについて:

スキャンディットはスイス Scandit AG (以下、Scandit)の日本支社です。Scanditは2009年にスイス・チューリッヒにおいて設立。創業メンバーはチューリッヒ工科大学、及び米マサチューセッツ工科大学の博士号取得者で、IoTの研究開発から発展しました。企業及び消費者に対し、コンピュータビジョンをもちいて物理、及びデジタル世界を融合させることにより、日々の生活における物体との相互通信を可能にします。

Scanditのテクノロジーは、先進的なバーコード読み取り、文字認識(OCR)、物体認識、およびAR(拡張現実)を組み合わせた、独自の機械学習プラットフォームで、スマートフォンやドローン、ウェアラブル・デバイスやロボットなど、カメラを搭載したいかなるスマートデバイスでも活用できます。

小売、流通、運輸、及び製造業における顧客企業が、スキャン&ゴー、セルフスキャン、店舗オペレーション、ラストワンマイル効率化、資産管理などにおいて、専用端末をスマートフォンに切り替え、自社のモバイル・アプリケーションを強化するためにScanditを採用しています。その他ヘルスケア産業では、患者、投薬、検体、備品の追跡などにScanditを活用しています。Scanditのソリューションは、業務におけるコストと時間を削減し、売上と従業員や顧客の満足度を向上させます。

Scanditを活用し自社のデジタル変革を成功裏に進めた企業には、イオンリテール、オーケー、東急ハンズ、7-Eleven Inc、FedEx、Toyota Motors USA、Levi Strauss & Co、Coach、Alaska Airlines、Macy’s、Carrefour、Sephora、Hermes UK、NHS Digital、La PosteやMount Sinai Hospitalなどが含まれます。

www.scandit.com/jp

■報道機関からのお問い合わせ先:

スキャンディット合同会社 広報(共同ピーアール株式会社内)
担当:小野寺・仙場・大川
電話:03-3571-5236
E-mail:scandit-pr@kyodo-pr.co.jp