U.S.M.H、セルフスキャンアプリ「Scan&Go Ignica」にスキャンディット高精度バーコードスキャン技術を採用

読み取り速度・精度向上で、新たなショッピング体験の提供を目指す

| ニュース

U.S.M.H、セルフスキャンアプリ「Scan&Go Ignica」にスキャンディット高精度バーコードスキャン技術を採用

モバイル・コンピュータビジョンおよびAR(拡張現実)のリーディングプラットフォームを企業向けに提供するスキャンディット合同会社(所在地:東京都渋谷区、代表:Samuel Mueller、以下:スキャンディット)は、関東でスーパーマーケットを運営するユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤田 元宏、以下:U.S.M.H)が自社開発したセルフスキャンアプリ「Scan&Go Ignica(スキャンアンドゴー イグニカ)」のバーコードスキャンエンジンに、スキャンディットが提供する独自のコンピュータビジョン*技術と機械学習(ML)を駆使したScandit Barcode Scanner Native SDKを導入したことを発表しました。

関東地方でスーパーマーケット3社(マルエツ、カスミ、マックスバリュ関東)合計520店舗(2021年11月末現在)を運営するU.S.M.Hは 、他の小売企業に先駆けてレジレスでスマートな買い物体験を提供するセルフスキャンアプリを自社開発し、2019年10月より、U.S.M.H公式モバイルアプリとしてセルフスキャンアプリの提供を開始しました。「Scan&Go Ignica」は、買い物客のスマートフォンで商品のバーコードをスキャンしお買物の支払いを行うことができる決済機能付きアプリで、iOSおよびAndroid用のモバイルアプリとして公開されています。本アプリを利用することで買い物客は会計の際にレジに並ぶことなく買い物を済ませることができます。現在では、マルエツ、カスミ、マックスバリュ関東を含む500店舗以上で導入されており、非接触、キャッシュレスに対応したスムーズな買い物体験が好評を得ています。

U.S.M.Hでは、顧客体験の向上のために継続的にセルフスキャンアプリのアップデートを実施していますが、照明の反射などが原因で発生するスキャンミスを防ぎ、またアプリ利用率をさらに上げるため、バーコードスキャンエンジンの導入を検討しました。2021年はじめから検証を行った結果、スキャンディット採用により精度がほぼ100%に向上するだけでなく、読み取りスピードも大幅に向上できることからScandit Barcode Scanner Native SDKの採用に至りました。

スキャンディットのスキャン技術採用について、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社取締役 兼 株式会社カスミ代表取締役社長 山本 慎一郎様は次のように述べています。「欧米の多くのスーパーマーケット企業で採用されている Scandit Barcode Scanner SDK の高い品質と効果的な拡張機能については、数年前から把握をしていました。昨年末にスキャンディット日本法人が設立されたタイミングで改めてScandit SDKを検証した結果、スピードと精度の両面ですぐれていることが分かり、「Scan&Go Ignica」への採用を決定しました。バーコードスキャンは一見単純な処理にみえますが、たった1回の誤読が店舗の評判を落としかねない、店舗運営にとって大変重要なピースです。私たちは、最も信頼できるスキャンエンジンを採用することで、お客様の買い物体験向上を促したいと考えています。」

*コンピュータビジョン:「画像認識システム」と言われ、コンピュータが人の目に代わりデジタルな画像、または動画を識別する研究分野である。Scanditはモバイルに特化した独自のコンピュータビジョンの開発販売を展開。


スキャンディットについて:

スキャンディットはスイス Scandit AG (以下、Scandit)の日本支社です。Scanditは2009年にスイス・チューリッヒにおいて設立。創業メンバーはチューリッヒ工科大学、及び米マサチューセッツ工科大学の博士号取得者で、IoTの研究開発から発展しました。企業及び消費者に対し、コンピュータビジョンをもちいて物理、及びデジタル世界を融合させることにより、日々の生活における物体との相互通信を可能にします。

Scanditのテクノロジーは、先進的なバーコード読み取り、文字認識(OCR)、物体認識、およびAR(拡張現実)を組み合わせた、独自の機械学習プラットフォームで、スマートフォンやドローン、ウェアラブル・デバイスやロボットなど、カメラを搭載したいかなるスマートデバイスでも活用できます。

小売、流通、運輸、及び製造業における顧客企業が、スキャン&ゴー、セルフスキャン、店舗オペレーション、ラストワンマイル効率化、資産管理などにおいて、専用端末をスマートフォンに切り替え、自社のモバイル・アプリケーションを強化するためにScanditを採用しています。その他ヘルスケア産業では、患者、投薬、検体、備品の追跡などにScanditを活用しています。Scanditのテクノロジーは、業務におけるコストと時間を削減し、売上と従業員や顧客の満足度を向上させます。

Scanditを活用し自社のデジタル変革を成功裏に進めている企業には、イオンリテール、オーケー、東急ハンズ、ヤマト運輸、FedEx、DHL、La Poste、Hermes UK、アラスカ航空、トヨタ自動車(米)、セブンイレブン(米)、Carrefour、Coop(デンマーク)、Decathlon、Levi’s、Paul Smith、Coach、Sephora、NHS(英国国民保健サービス)などが含まれます。
www.scandit.com/jp

資料

Scanditのプレスキットを表示:https://www.scandit.com/press/

報道機関からのお問い合わせ先:

スキャンディット合同会社 広報(共同ピーアール株式会社内)
担当:小野寺・仙場・大川
TEL:03-6260-4863  
E-mail:scandit-pr@kyodo-pr.co.jp