「スキャン&ゴー」アプリで、24時間365日営業のキャッシュレスコンビニを実現

小売業界のイノベーターであるValoraは、スイスのコンパクトストアavec boxで24時間営業キャッシュレスコンビニの展開を成功させ、ショッピング体験に変革をもたらしました。買い物客はスキャンディットのテクノロジーを採用したavecモバイルアプリを自分のスマートフォンで使用して入店し、食料品や日用品を自分でスキャンして決済します。

「以前のプロジェクトで、スキャンディットが革新的技術を有するパートナであることは分かっていましたし、avecアプリでもスキャンディットのスキャンエンジンなら信頼できると思っていました。暗い場所でもすぐに確実に読み取ってくれます」

Valora コンシューマアプリケーション担当マネージャ Dominique Martin氏

課題

セルフスキャン技術と「箱型ストア(Store in a box)」でイノベーションを起こす

Valoraはスイス、ドイツ、オーストリア、ルクセンブルク、オランダに2,700店の小規模小売店を展開する小売業界のトレンドセッターであり、日用品や軽食などを販売しています。

Valoraはオンラインにしろオフラインにしろ、小売業の未来はスマートフォンの利用を切り離しては考えられないと思っていました。このため、使いやすいモバイルアプリによる「スキャン&ゴー」ショッピングを導入して、より柔軟かつ迅速なカスタマエクスペリエンスを提供したいと考えていました。

キャッシュレスなコンパクトストアavec boxの導入

計画の実施に向けて、Valoraは新たにキャッシュレスでコンパクト「箱型ストア(ボックスストア)」avec boxを試験導入して、お客様に受け入れられることを確認したいと考えました。

Avec boxの売場面積は50平米で、一般的なコンビニエンスストアの800~900平米に比べてはるかに小さく、買い物客はモバイルアプリを使用して入店し、自分のスマートフォンで商品をスキャンして決済する必要がありました。

ソリューション

高性能なセルフスキャン機能を備えたavecモバイルアプリの開発

Valoraはセルフスキャンのショッピングアプリの場合、読み取りエラーのない、高速で信頼性の高いスキャン性能が基本要件になると理解していました。信頼性に優れた、高性能なものでなければ、お客様はすぐに興味を失ってしまいます。モバイルアプリavecのスキャンエンジンには、セルフスキャンショッピングでバーコードを読み取る機能に加え、文字認識(OCR)によりユーザ登録に必要な身分証明書を読み取る機能も要求されましたが、スキャンディットのBarcode Scanner SDKにより、この2つの機能を確保できました。

ValoraのシニアデジタルイノベーションマネージャであるFelicitas Suter氏は「スキャンディットのBarcode Scanner SDKのおかげで、スキャン機能を簡単にアプリに統合できました」と述べています。スキャンエンジンと決済機能を備えたモバイルアプリは、バックエンドのSAPシステム(カスタマエクスペリエンスとeコマースのクラウドプラットフォームSAP C/4HANA) に連携しました。お客様がIDカードで登録すると、そのデータはSAP Customer Data Cloudで管理されます。

シームレスな「スキャン&ゴー」ユーザ体験の実現

このモバイルアプリはiOSとAndroidデバイスに対応しています。新規ユーザ登録では、スマートフォンのカメラを使って、機械読取式の身分証明書(IDカードやパスポートなど)の個人情報をすぐに登録できます。また、このアプリを使って店舗入口のQRコードをスキャンするだけで、入店してショッピングを開始できます。アプリによる商品のセルフスキャンは簡単で、商品をスキャンし終わったらモバイルアプリの「決済」機能を使って決済します。

Valoraはショッピング体験をパーソナライズしています。例えば、アプリを使ってコーヒーマシンのQRコードをスキャンすると、次回利用するときのためにコーヒーマシンに自分が選択したコーヒーの飲み方を記憶させることができます。

結果

チューリッヒ駅でavec boxの展開に成功

Valoraはスキャンディットのテクノロジーを採用したavecモバイルアプリを使用して、チューリッヒ中央駅構内に24時間365日営業のレジレスコンビニエンスストア1号店を試験導入しました。avec boxの中核となるシステム導入(バックエンドシステムとの連携など)は、わずか5カ月で完了しました。

チューリッヒのレジレス店avec boxでは、買い物客が多い時間帯にValoraの従業員が店頭に立ち、アプリやショッピングに関するお客様の質問に対応したり、商品の補充や店内の清掃を行いました。avecモバイルアプリとavec boxストアに対する顧客満足度は高く、革新的なストアフォーマット(業態類型)や迅速かつ簡単に買い物ができること、24時間営業といった点が高く評価されました。

ValoraのシニアデジタルイノベーションマネージャであるFelicitas Suter氏は次のように説明しています。「第1号店をできるだけ早く公開して、お客様に利用していただき、その声を聞いて、それを活かしながらモデル開発を進めようと考えていたのです。」

初回パイロット期間中、Valoraにはavec boxのお客様から肯定的かつ貴重な意見が多く寄せられました。チューリッヒでの展開により、スイス各地での試験導入に向けた重要な情報を得ることができました。

Dominique Martin氏は次のように述べています。「Valoraのavecコンビニというコンセプトの中心にあるのはカスタマエクスペリエンスです。このプロセスはユーザ登録に始まり、顧客接触、エラー対応を経て決済に至ります。カスタマエクスペリエンスと利便性は密接に関係しています。新しいavecの取り組みにより、店舗の種類に限らず、ショッピング体験全体にまでコンビニエンス(利便性)を拡大できました」 

お客様導入事例

イオンリテール「レジゴー」

利用者の67%以上がリピート意欲を示す、超高速で革新的なセルフスキャン・レジ

Coop DK

顧客数160万人を達成したCoop Denmark、スマートフォンを活用したスキャンで店舗業務の迅速化とコスト削減を実現

Supersmart

Supersmart アプリの Scandit の高速かつ正確なスキャンエンジンにより、店内検証ステーションでのセルフチェックアウトは、通常のレジステーションと比較して 5 倍のカスタマーチェックアウトを処理します。