モバイルコンピュータビジョンによる小売業務の最適化

小売業務をデジタル化し、従業員の意欲を呼び覚ます

小売業者は、エンタープライズ級のスキャンソフトウェアをスマートフォンで使用することで、棚管理、棚卸、価格照合などの通常のワークフローの再構築と最適化、それと同時のコスト削減を実現させ、日々の業務の変革に成功しています。本ガイドブックでは、実店舗での既存の業務にモバイルスキャンテクノロジーを上手く導入し、省コスト性と効率性を最大化する方法について、当社とお客様が見出したベストプラクティスをご紹介します。

本ガイドブックの内容

  • デバイス戦略、導入におけるベストプラクティスのガイダンスなど、モバイルスキャンソリューション実装における重要な考慮事項
  • スキャン専用端末からスキャンソフトウェア搭載モバイルデバイスに乗り換えるビジネスケースの詳細
  • バックヤードと店舗フロアの業務効率を改善するために、小売業のお客様が採用したScanditテクノロジーの様々な利用法とその成果

小売業務の最適化

ガイドブックをダウンロードする

この他にも役立つ情報をダウンロードいただけます

小売業におけるセルフスキャン - ホワイトペーパー

当社と小売業のお客様がセルフスキャン実装の過程において見出したベストプラクティスをご紹介します。最高のセルフスキャンサービスを提供するために役に立てていただければ幸いです。

ScanditとForrester 小売店舗運営について - ウェビナー

ScanditのCEO、サミュエル・ミューラーとForrester社のヴァイス・プレジデント、ジョージ・ロウリーによる本ウェビナーでは、精通した小売業者がスマートデバイスでコンピュータビジョンを活用し小売業務のデジタル化とコスト削減をする理由についてお話します。実店舗でのデジタルショッピングに対する消費者の姿勢について、Forrester社のリサーチインサイトをお聴きください。

Coop DK - 導入事例

160万人もの顧客を擁するCoop DK社は、スマートフォンスキャンによって店舗業務をより迅速かつ低コストに行っています。

他の業界の例を見る