field operations overview

1台のスマートデバイスで、フィールドエンジニアの業務を効率化

スマートデバイスが、従業員が常に携帯できるパーソナル・アシスタントに変わり、圧倒的な生産性向上を支援します。インテグレーション不要で簡単に導入でき、リアルタイムで在庫数やサービス履歴といった情報の可視化や、設置マニュアルにも同じデバイスから素早くアクセスできます。

loading vans

業務車両への荷積み

フィールドエンジニアの業務遂行に欠かせない、リアルタイムでの在庫の可視性を提供します。エンジニアが業務車両への荷積みを行う際に、必要な機器の場所を特定し追跡することで、日々の業務ワークフローを自動化し、リソースの利用率を改善することができます。期待できる成果は次の通りです:

  • 高い初回修理完了率を実現するフィールドサービスの準備
  • アセットの利用率を最大化し、保有個数を最小化
  • 共有在庫を利用して、作業を正確にスケジューリング
関連製品:

Barcode Scanner SDK
Keyboard Wedge

van stock count

業務車両内の在庫数カウント

フィールドエンジニアは、複数のバーコードを一括でスキャンするScandit MatrixScan機能を搭載したスマートデバイスを利用することで、迅速かつ簡単に業務車両内の在庫数をカウントできます。ハンディターミナルと比べて40%高速で在庫をカウントできます。

  • すべての従業員にリアルタイムで在庫確認できる環境を
  • 部品在庫の欠品による再訪問を不要に
  • 部品の在庫状況に基づいて、作業割り当てを改善
関連製品:

Barcode Scanner SDK
MatrixScan

search and find in van

業務車両内で該当部品を探し出す(Search & Find)

フィールドサービスの効率化とTCO(総保有コスト)の削減を実現します。スキャンディットの技術を搭載したMatrixScan対応のスマートデバイスがあれば、業務車両内で素早く部品を見つけられます。技術者が棚にある複数の部品上のバーコードを一括スキャンすると、該当するバーコードがハイライト表示されます。

  • ハンディターミナルに比べ、最大40%高速で部品を発見
  • 各回の訪問に向けて、あらかじめ必要部品を記録
  • 複数のオーダーに対応する場合でも、作業時間を大幅に短縮
関連製品:

Barcode Scanner SDK
MatrixScan

information lookup

情報検索

スキャンディットの拡張現実(AR)機能を利用すれば、フィールドサービスを視覚的にプロセス化できます。エンジニアは、機器、サービス履歴、メンテナンス・スケジュールなどに関わる最新情報に瞬時にアクセスでき、あらゆる作業を完了するための適切なツールやデータを取得できます。

  • 初回修理完了により、顧客満足度を向上
  • 共有データを活用し、実用的なインサイトを獲得
  • 部品やサービス販売のアップセル機会を創出
関連製品:

Barcode Scanner SDK
拡張現実(AR)

proof of completion

作業完了の証明書

スキャンするだけで、作業完了を登録できます。バーコードスキャン機能に加え、テキスト認識(OCR)やID(身分証明)のデータキャプチャ機能を活用することで、シームレスに作業完了をコネクテッドシステムに記録できます。

  • わずらわしい手作業プロセスをデジタル化
  • フィールドで請求書や保証書をその場で発行
  • 請求処理を迅速化し、ビジネスの成長を促進
関連製品:

Barcode Scanner SDK
OCR

mPOS

モバイルPOS

受注から支払いまでのリードタイムを短縮しましょう。スキャンディットの技術を搭載した、スマートデバイスをベースにしたモバイルPOSなら可能です。フィールドエンジニアが部品をスキャンするだけで請求書が自動生成され、その場で集金までできます。

  • 請求システムと接続して入金管理を自動化
  • 領収書のメール送信と印刷のいずれにも対応
  • キャッシュフローにプラス効果
関連製品:

Barcode Scanner SDK
OCR

Scanditのフィールドサービス・ソリューションについてのお問い合わせ

Smart Data Captureの詳細についてお気軽にご相談ください。

Cincinnati Bell logo「当社のサービスエンジニアは、スキャンディットのKeyboard Wedgeを大変気に入っています。あらゆる条件下でスキャン精度が向上し、出張作業時間を短縮できました。」シンシナティ・ベル
フィールド業務部門バイスプレジデント
Brian Golden氏