5秒でわかる!
売上損失リスク計算機

スキャンの性能が「スキャン&ゴー」アプリの利用定着を大きく左右します。貴社のアプリは大丈夫ですか?

この計算機は、「スキャン&ゴー」アプリのバーコード読み取り機能に、エンタープライズ要件を満たしていないエンジンを採用した場合の売上損失リスクを試算してくれます*。

5
0100
5%
0%100%

売上の確保は、スキャンディットの効果の一例に過ぎません。
詳細をお知りになりたい場合は、無料のホワイトペーパー「スキャン&ゴーアプリを10倍進化させる方法」をご覧ください。

スキャンの失敗によって失うものは売上だけではありません。

買い物リストやクーポン、電子決済の種類など、どれだけ「スキャン&ゴー」アプリの機能を充実させても、肝心のスキャンが気持ちよく行えなければお客様の気持ちが離れてしまいます。そのままアプリも削除や、別の店に移る可能性があります。

*一般的スキャンソフトウェアの読み取り精度が平均97%であるのに対し、
スキャンディットは99.8%です。

…貴社ブランドに傷がつく可能性も

リスクを下げることによって、利益が上がります。Scandit Barcode Scanner SDKを採用すれば、お客様のスマートフォンがエンタープライズ要件を満たすスキャナへと進化し、光の反射、破損、困難な角度といった悪条件のバーコードも読み取れます。

「スキャン&ゴー」アプリを10倍進化させる方法とは?

高性能なバーコードスキャン技術を採用し、「スキャン&ゴー」アプリを強化する方法をまとめた最新のホワイトブックをご覧ください。「スキャン&ゴー」を導入済み、またはリニューアルやこれからの導入を検討されている方は必見です。

aeon logo「非接触型の買い物をお客様にとって役立つものにし、感染症の流行といった事態でも安全性を確保できるようにしたいです。また、Scanditの高速で正確なスキャン性能でセルフスキャンソリューションを強化し、お客様の“楽しい買い物体験”を実現させたいと考えています。」イオンリテール株式会社
執行役員 システム企画 本部長 
山本 実 氏