輸送・ロジスティクス企業がモバイルデータキャプチャのソリューションについて考慮すべき5つの要素

物流業務におけるデータキャプチャの速度と精度をモバイルを活用して改善し、ラストワンマイルの最適化を目指す

毎年、何十億個もの荷物が世界中を行き来しています。単に量が多いだけではなく、季節によって需要が変動することが、輸送・ロジスティクス企業にとって大きな課題となっています。競争における優位性をもたらすラストワンマイルにおいて速度と柔軟性を強化するために検討すべき重要なことは、モバイルデータキャプチャシステムの最適化です。

時代に遅れをとらず、使いやすいスマートデバイスに切り替えることで、配送センターから配達に至るまでの出荷データの取得・提供の迅速化と効率化が可能になります。本ガイドは、企業の業務と従業員にとって最適なバーコードスキャンソリューションについて検討する際に考慮すべき要素を考察します。

本ガイドブックをダウンロードして、以下の5つの考慮事項を検討しましょう。

  • デバイスの耐久性(特に、過酷な状況下におけるもの)
  • 組織固有のワークフローや業務に対する適応性
  • 顧客データの安全性
  • 既存システムへの統合性
  • 総保有コスト(TCO)

モバイルデバイスで荷物ラベルのバーコードスキャンを行う

ガイドブックをダウンロードする

郵便、宅配、即配に関するその他のインサイト

NACEX

Scanditの「バーコードスキャナSDK」と「拡張現実フィードバック」によってラストワンマイルのワークフローを効率化しました。

Hermes UK

Scanditのソフトウェアソリューションによってラストワンマイルの配送コストを削減しました。

DPD Russia

Scanditを搭載した配送アプリによって、DPDの広大かつ複雑な配送ネットワーク全体を網羅するリアルタイムの配送追跡を実現しました。