低コストでのデジタル店舗実現

アマゾンが展開する実店舗「Amazon Go」では、顧客は店舗に入り、棚にある商品をカバンに入れ、レジに並ぶことなく買い物を済ますことができます。しかし、これを実現するには大規模な投資が必要な上、その複雑性ゆえに複製が困難です。モバイルコンピュータビジョンを導入することで、スマートデバイス上のアプリにて、大規模な設備投資をすることなく、消費者の心を掴むことができます。

Create a digital in-store retail experience for less with mobile computer vision

詳細は資料をダウンロードしてご確認下さい。

  • Amazon Goのような何百台というカメラ、複数のセンサーを組み合わせて行動追跡を行なうセンサーフュージョンの仕組み等の設備がなくても、同様の仕組みを実現できます。
  • Amazon Goを超えるような購買体験を、スマートデバイスを活用することで簡単かつ低コストで、しかも店舗の設備を大幅に変えることなく創出できます。
  • Scanditのコンピュータビジョンソフトウェアは、広く一般に利用されているスマートデバイス上での利用を想定して設計されているので、デジタル店舗体験を簡単かつ低コストで実現できます。

お問い合わせ

関連ページ

2020年小売業界におけるコンピュータビジョン-Webinar

Kate Ancketill氏と弊社CTOによる対談: スマートフォンを取り巻く小売業界の転換、コンピュータビジョンを通じた業務効率化、収益向上の重要性(英語サイト)

利用者のニーズに合わせたデジタル化

消費者、従業員と一口に言ってもその利用用途は様々です。想定される7つのパターンを紹介します。(英語サイト)

導入事例 : Metro

Scanditのバーコードスキャンエンジンを通じたモバイルアプリ「Metro Companion」のコア機能(実店舗での消費者による商品情報確認や、特典を受け取り)実現事例を紹介します。