スマートデバイス上での文字認識 (OCR)

スマートデバイス上のネイティブモバイルアプリに、エンタープライズ要件を満たす光学式文字認識ソフトウェアを追加します。

デモアプリをお試しください

Apple アプリ ストアからデモ アプリをダウンロードする

Google Play ストアからデモ アプリをダウンロードする

バーコードに留まらず、文字の読み取りも一緒に行いましょう

Scandit OCRソフトウェアにより、あらゆるスマートデバイスが強力なOCRスキャナに変わります。文字のサイズ、フォント、色に関係なく、英数字コードを読み取ることが可能です。

代表的な用途として、小売価格の照合、パスポートや身分証明書のチェック、銀行のIBANコード、自動車の車両識別番号(VIN)、ヘルスケアや製造業で利用されているロット番号やREFコードの読み取りなどがあります。スマートデバイスでバーコードとテキストのスキャンを同時に行うために、多くの場合、文字認識はScanditのバーコード読み取りソフトウェアと組み合わせて利用されます。

1/3

Scanditのバーコードスキャンならば、専用バーコードリーダーと比較して標準的なコストを3分の1に削減

20K

2万機種を超えるデバイスで動作

No.1

Scanditは、産業規格機関GS1が推奨するモバイル用バーコードスキャンのテクノロジープロバイダー

文字認識(OCR)の活用例

小売、運輸・物流、自動車、ヘルスケア、製造をはじめ、様々な業種で多くの企業が、文字とバーコードのどちらも読み取れるスキャン機能を必要としています。

ocr reading vin scanning

自動車

スマートデバイスから車両識別番号(VIN)を高速でスキャンできます。VINコードが破損していたり、照明が不十分であっても、距離も角度も幅広いレンジでスキャンできます。

詳細を見る

scan medication

ヘルスケア

製品ごとのデータがバーコードにエンコードされていない医薬品は、ロット番号やREFコードなどを文字認識(OCR)でスキャンします。バーコードとテキストのどちらもある場合は、Scanditのソフトウェアによってこの両方が同時に処理されます。

詳細を見る

using ocr after scanning

運輸・物流

小包やパッケージのラベルが輸送中に破損し、バーコードがスキャンできない場合は、文字認識(OCR)ソフトウェアによって、付随するテキストを代わりに読み取ることができます。バーコードとテキストを同時にスキャンするには、OCRソフトウェアをBarcode Scanner SDKで統合します。Scanditのソフトウェアならば、スマートデバイスを使って1回スキャンするだけで、多数のラベルから複数行のテキストを読み取ることが可能です。

詳細を見る

銀行

銀行員は、Scandit OCRソフトウェアが搭載されたスマートデバイスから、国際銀行口座番号(IBAN)や文書/帳票の管理番号などの英数字を素早くスキャンしてワークフローに取り込めるようになります。モバイルバンキングの利用者は、OCRで支払明細を読み取ってモバイルアプリに入力できるため、重要な数値を手動入力する必要がなくなり、ミスが発生する心配もありません。

詳細を見る

Scandit Passport scanning

航空

航空会社と空港の従業員は、Scandit OCRソフトウェアが搭載されたスマートデバイスを使用して、機械で読み取り可能なパスポートと身分証明証(ID)カードを素早くスキャンすることができます。例えば、搭乗口の従業員は、コストのかかるカウンターに拘束される必要はなく、代わりに操作性の高いスマートフォンやタブレットを使用して乗客に対応できます。また、航空会社は、乗客がオンラインチェックイン時に自宅で自らパスポートをスキャンするサービスを提供することも可能です。

詳細を見る

Scandit OCR in Retail

小売

ほかの業種と同じように、小売業のサプライチェーンでも輸送中にパッケージのラベルが破損することがあります。そうした際に、OCRソフトウェアを使用してバーコードの代わりに付随する文字を読み取ることで、配送と追跡での遅延を防ぎ、余分なコストを抑えることができます。Scanditのソフトウェアならば、スマートデバイスを使って1回スキャンするだけで、多数のラベルから複数行のテキストを読み取ることが可能です。また、サプライチェーンに携わる関係者や、クリック&コレクトで荷物の受け取りに来た顧客の身分証明証(ID)を確認する際にもOCRが使用されています。

詳細を見る

モバイルのネイティブアプリに文字認識(OCR)機能を追加する

Barcode Scanner SDK

OCRは、Scanditの読み取りソフトウェアをモバイルアプリに統合するBarcode Scanner SDK内のモジュールです。大半の開発プラットフォームとOEMデバイスに対応しています。

Barcode Scanner SDKを利用する

試用を申し込む


身分証明証(ID)を高速かつ高精度でスキャンするには – ID Scanner

パースポートのような身分証明証(ID)からのデータの高速読み取りは、グランドスタッフが搭乗者の本人確認を行ったり、顧客がオンラインチェックインを行うなど、従業員と顧客の多くのプロセスに不可欠です。

ScanditのID Scannerソフトウェアならば、スマートデバイスにインストールしたモバイルアプリから、異なる種類のIDをスキャンできるようになります。これは、バーコードスキャン、文字認識(OCR)、RFID技術を組み合わせてデータの読み取りと解析を行い、ワークフローやユーザ側の処理をシームレスに完了する、エンタープライズ要件を満たすソリューションです。データを手動で入力する必要がなくなるため、人的エラーを軽減し、効率を高めます。※現在は欧米の身分証明証限定の機能です。

ID Scannerの詳細を見る

その他のモバイルスキャンソリューション

scanning barcode

バーコードスキャン

あらゆるスマートデバイスの様々なアプリで比類のないバーコード読み取り性能を実現し、バーコードを使用する全ての業種における業務で読み取り速度と効率性を新たな次元に引き上げます。

詳細を見る

Scandit - OCR Barcode Scan

拡張現実 (AR) オーバーレイ

ARオーバーレイでは、製品の情報や配送状況、フライトの運行状況、在庫数など、読み取ったバーコードや文字に付帯する情報をデータソースから取得して表示します。例えば、棒積みされた荷物にデバイスをかざして一括でピッキングを行ったり、小売店で棚に陳列された商品の価格や有効期限を可視化できます。

詳細を見る

お問い合わせ