Keyboard Wedge

スマートデバイスのキーボードにバーコードスキャンボタンを追加するターンキー・ソリューションです。

コーディング不要、キーボードを開くだけでスキャン開始

Keyboard Wedgeアプリケーションをダウンロードし、有効化すると、スマートデバイスがエンタープライズ要件を満たすバーコードリーダーへと進化します。アプリに修正を加える必要はありません。このスキャンボタンにタッチするだけで、例えばSalesforce、Oracle XStoreなど、変更が容易ではないインストール済みのサードパーティ製アプリやウェブサイト、ウェブアプリケーションでも、バーコードの情報を読み込むことができます。

Scandit Keyboard Wedge

キー入力の代わりにスキャン

従業員は、アプリやワークフローでの入力にバーコードのスキャンを使用でき、煩雑なコードや数字をキー入力する負担がなくなります。手動で入力するよりもはるかに時間が短縮され、エラーも回避。どのようなアプリケーションでも動作します。

主な活用例

  • サードパーティが提供する既存の(ネイティブ)アプリに修正を加えることなく、バーコードスキャンをスムーズに統合
  • あらゆるアプリで動作するバーコードスキャンを含めた統合ソリューションをOEMスマートフォンに実装
  • WindowsタブレットやデスクトップPCにバーコードスキャン機能をシンプルな手順で追加

エンタープライズ要件を満たす性能

バーコードの認識と読み取りを瞬時に行うために、Scanditでは最先端のコンピュータビジョンを導入しています。お客様環境で実施されたテストでは、オートフォーカスに対応していないローエンドのデバイスや、次のような厳しい条件下でも、Scanditソフトウェアは速度と精度の点で一貫して他社のソリューションを上回るパフォーマンスを示しました。

  • 暗所、影になる場所
  • 太陽光や金属面の反射
  • 傾いたアングル
  • ぼやけたバーコード
  • 破損したバーコード
  • 小さいバーコード、特殊なバーコード
  • 移動中のオブジェクトに貼られたバーコード
  • 複数のバーコードの同時スキャン
  • 低解像度のカメラ

パフォーマンスの詳細を見る

scanning barcode

適応を最大化するクロスプラットフォーム

Scanditの特許取得済みのスキャン技術は、次のような様々なプラットフォーム上で動作します。

  • iOS
  • Android
  • Windows

主要なバーコードタイプ全てに対応

Scanditのバーコード読み取りソフトウェアは、1次元シンボルと2次元シンボルを含め、QRコードやUPCコードからCODE 39まで、バーコードの幅広いシンボル体系(型)に対応しています。Scanditは、バーコードの国際規格機関GS1が推奨するモバイル用バーコードスキャンのテクノロジープロバイダーです。

お問い合わせ